ハブラシ3


こんにちわ!
衛生士skです。

今回はハブラシの『素材』について
お話ししていきます。

ハブラシの毛先の素材は
ナイロンや飽和ポリエステル樹脂を選択しましょう。


『ナイロン』
長所→耐摩耗性が高い。
短所→毛が広がりやすい。交換時期1ヶ月程度。


『飽和ポリエステル』
長所→ナイロンより耐久性に優れている。毛先の劣化もナイロンより遅め。乾燥も早いので、細菌の増殖を抑えやすくなっている。

短所→テーパード毛が多く、ラウンド毛が少ない傾向。


他にも素材の種類があり、、、

『シリコン』
赤ちゃんのハブラシの代用品。歯肉のマッサージ用に使われることがある。

長所→毛がやわらかく、歯肉傷つけにくい。
短所→歯を磨く目的で作られていない。通常のハブラシのように毛束の形を成していない。プラーク除去という観点からはオススメできない。


『動物の毛』
馬、豚など。軟らかな天然素材です。

長所→軟らかいので、歯肉のダメージが少ない。
短所→プラーク除去率はあまり優れていない。乾燥しにくく、不衛生になりがち。動物アレルギーの方には不適。


みなさんどうですか?
ハブラシ購入するときに
素材までこだわってみたことありますか?
よかったら参考にしていただけたらうれしいです。
またわからないことありましたら
いつでも聞いてくださいね!