歯磨剤3


前回は歯石、ステイン(着色)を
つきにくくする成分、歯磨剤について
おはなしさせていただきました


今回は歯茎の炎症を抑えたい方に
必要な成分をお伝えします


歯茎の炎症を抑えるためには
軟組織の消炎、血行促進が必要となってきます

抗炎症剤は殺菌剤と一緒に
配合されていることがほとんどです


成分名
→効果、特徴

グリチルリチン酸
→抗炎症作用

THA(トラネキサム酸)
→出血抑制、抗プラスミン作用がある


*抗プラスミン作用とは
血栓を溶かしたり、炎症を誘発する酵素プラスミンの働きを抑えたりする作用がある。


酢酸トコフェロール(ビタミンE)
→血行促進作用がある


出血が多いときは、トラネキサム酸
歯肉をひきしめたいときは、酢酸トコフェロール

を使いわけてみてください。


医院でクリーニング時に使用している歯磨剤は
『ウエルテックコンクール リペリオ』
を使用しています。

ドラッグストアで販売していなく、
ネットor東急ハンズでは販売しています


歯茎の炎症が気になっている方は
よかったら試してみてください。


衛生士sk