no title

こんばんわ!
衛生士skです。

最近本で学んだことを紹介させていただきます。

ご存じの方もおられると思いますが
よかったらきいてください。


歯周病菌は子どもに感染する?という内容です。

虫歯菌がうつるので同じお箸を使わように気をつけていると聞いたことありませんか?

虫歯と同様に歯周病菌も唾液によって感染します。しかし、虫歯菌と違うのは感染する年齢らしいです。

虫歯菌は1歳半から子どもにうつり始めますが、歯周病菌はそうではありません。歯周病菌の感染は遅いのです。
病原性の低い歯周病菌は小学校入学前にうつります。(おそらく家族の唾液から)

小学校高学年までに中等度の病原性をもつ菌が口にすみつきます。(家族あるいは家族以外の唾液から)

そしてもっとも病原性の高い歯周病菌が感染する年齢はおおむね18歳以降といわれているみたいです。
18歳以降の唾液の感染原は家族よりも、パートナー(恋人や配偶者)とされています。感染が成立するには密度と頻度が必要ですから、一度きりのキスでうつるかどうかは疑問みたいです。
またペットから感染することもあります。
犬や猫には人の歯周病菌に加え、ペット独自の歯周病菌が感染しています。


歯周病菌の感染予防には人生を通じて他人の唾液が自分の口の中に入らないように注意を怠らないことが必要です。


という内容を本で読み、わかりやすかったので紹介させていただきました!

虫歯菌も歯周病菌も自分自身が意識して普段の生活気にしてみたり、口の中をケアしたり、また歯科にたよってみて自分のお口の中を把握してみたり、、、

これを機会にもっと自分の口の中知ってみませんか?
いつでもこちらはお待ちしてますのでよかったらぜひお越しください!